Home > トピックス > 半平太〝獄中の漢詩〟発見

半平太〝獄中の漢詩〟発見

幕末の志士、武市半平太(1829~1865年)が、切腹する前年の元治元(64)年ごろに獄中で書いた漢詩の掛け軸が高知市内で見つかり、寄託を受けた同市上町2丁目の市立龍馬の生まれたまち記念館が14日、発表した。鑑定した佐川町立青山文庫の松岡司名誉館長(68)によると、半平太の漢詩の大作は極めてまれ。「山内容堂体制を激しく恨む心中をストレートに表現している」と、その内容も含めて高く評価している。

高知新聞より
    このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
龍馬つぶやきコンテスト開催!
国産檜間伐材使用、龍馬名刺入れ販売中!!

Home > トピックス > 半平太〝獄中の漢詩〟発見

ページ内検索
RSS
Site
Contact
高知県観光情報サイト こじゃんとネット 高知相互リンク こじゃんとネット会員様サイト

Return to page top